猫の依頼

お知らせ

本人には了承を得ているので掲載可能な内容になっています。

昔、無償でやっていたころの話です。知り合いの方、野良猫さん達の繁殖を防いだり、保護する活動をしている方がいらっしゃいました。ある日、その方が「保護した猫を1匹飼いたいんだけど、2か月以上経っているのに全然なつかなくて。毎日、家の中で大暴れすしたり噛んだりするんだけど、何とかなりませんか?」と言うものでした。私は、犬は飼ったことがありますが、猫はありません。死んだ猫は話した事はありましたが、生きている猫は余りありませんでした。「困ったなぁ」と思いましたが、まぁまぁ、ひとまず、やってみる事にしました。

その方は関西地方から、こちらに用事がある時に合っていた方だったので、早速、霊視と透視です。生きてる猫が2匹と死んでいる猫がいます。年取った猫は落ち着いて対応していて、頭も良く、とてもやさしい子です。話を詳しく聞くと、年取った猫と問題の若い猫が一緒に住んでいます。彼女の気持ちを読むと「急に知らない狭い所に連れてこられて、落ち着かない、信用ならない、怖い、どうしようどうしたら・・・・・」と言う様な内容です。

ま、人間も急に環境の違う所に置かれたら、びっくりですから、

「そんなパニックに陥っているだけだから、慣れるまで待たないと」とか「今まで野良人生で来たのだから、そこら辺考えてあげてください」「撫でようとか、懐かせようとか考えずに、

まずは、環境に慣れてもらう所から行きましょう。良く、観察してあげて下さい。何かを表現しているから」と言い、その日はお別れしました。

2か月後、メールで連絡が来て、落ち着いてきたと言います。

そこで私は、ここはやはりプロの話も聞かなきゃと思い、親友がトリマーの資格を持っていて、猫も飼っていると言うので電話してみると。「なんで、大人になった野良猫を飼いたいかな?」と私と同意見です。事情を説明して、猫の習性やら、対処法も詳しく聞きました。そして、また、透視しながら、私からのアドバイスと親友からの猫アドバイスを伝えました。そうして、何か月か事に、メールでアドバイスをしていると・・・。だいぶ変化してきました。自分が攻撃されたりしないと認識できる環境であれば、動物も人間も同じですね。おとなしくなります。

その後も、アドバイスを続け、最後の方では、「朝、起きて階段を降りて行くと、階段途中で出迎えてくれて「ニャー(おはよう)」と言うのです。内心それは「ニャー(ご飯ちょうだいよ。早く!)」と言っているんだけど・・・・と思いつつ。「良かったですね」と言いました。

また、少したってメールしてみると、今度は、額をちょっとだけ触らせてくれたと言っていました。ですが、飼うのを反対していた旦那さんが「もっと懐かせたい」とコロッと変わってしまい、また、暴れやしないか?と相談されました(笑)野良猫は基本懐かないと思っていた方がいいです。無理をして、元に戻らない様にしてあげて下さい。それに、猫は生き物で意思があるので嫌がる事は(人間も同じですが)やめてあげて下さい」と伝えましたが、旦那さんはわれ道を行っているらしく、猫も大変そうでした。

 

今回は、猫の気持ちになって「どうして欲しいのか?」をメインに考えて、アドバイスしました。プロも近くにいたため、より的確なアドバイスで短期間で済みました。人間もそうですが、生き物は皆同じではありません。猫でも、霊性が高いものは魂の進化が進んでいるので、頭も良く、機転もききますし、人間をよく見ていますし、性格も良いです。それは、人間も犬も動物も植物も鉱物も昆虫も同じです。それぞれ、意思はありますが、進化の過程に有る為、高低差がるのは仕方ありません。

死んでいる猫の方が、解放されて警戒心が解かれるので、話しやすいです。なんて・・・心のせんたく屋さん、いかがでしたでしょうか?色々な、ご依頼に対応しております。ご予約は、予約フォームからお願いします。

タイトルとURLをコピーしました